メシ喰うな! (1981) / INU

f0001174_23574590.jpg当時若干19歳の町田町蔵(現・町田康)率いるINUのデビュー盤にしてラストアルバム。Jパンクの名盤中の名盤です。
もうジャケからしてヤバイし、なんとも形容しがたい声も印象的。例えるなら元ブランキーのベンジーっぽさがあるね。
あと歌詞カードを改めて見たけど、やっぱり歌詞がヤバイ。もう完全に町蔵ワールドが形成されているし、小説家への転身はなるべきしてなったんだろうな。
[PR]
# by axl-onman | 2005-12-07 23:57 | 音楽

Raw Power (1973) / Iggy & The Stooges

f0001174_2326348.jpgきた!これぞ最強(最狂)!もう何回聴いたことやらなIGGYのマイベストアルバム!DEAD BOYSやレッチリがカバーしている超名曲「Search And Destroy」をいきなり聴かされりゃ、他のパンクバンドはもう道開けざるをえない。
昨今のパンクしか知らない人は是非これにも手を出すべき!いや出さないと駄目!
[PR]
# by axl-onman | 2005-12-07 23:26 | 音楽

Fun House (1970) / The Stooges

f0001174_2313148.jpgイギーの2作目。明らかに前作よりも音的にも、ジャケットも暴力的、過激的になっています。まさにゴッドファーザー・オブ・パンク。しかしこれより凄いのが次作…。
[PR]
# by axl-onman | 2005-12-07 23:13 | 音楽

Rising Force (1984) / Yngwie Malmsteen'S Rising Force

f0001174_4252395.jpgきたっ!インギーのソロデビュー盤。全編に渡るネオ・クラシカルな超絶早引きギター炸裂。リアルタイムである1984年にこんなのを聞かされりゃ、どんな衝撃を受けたことやら…。たまに10年くらい早く生まれたかったと思ってしまいます。
[PR]
# by axl-onman | 2005-12-06 02:25 | 音楽

Stooges (1969) / The Stooges

f0001174_22244181.jpg記念すべきイギー・ポップのデビュー盤。まだゴッドファーザー・オブ・パンクと評されるような暴れっぷりは見せていないものの名曲「I Wanna Be Your Dog」やピストルズらがカバーしている「No Fun」などが収録されている為、名盤には違いありません。でもやっぱ個人的にはStoogesとしてはラストアルバムの「Raw Power」の方が圧倒的に好きだなぁ。
[PR]
# by axl-onman | 2005-12-03 22:25 | 音楽

Tin Drum (1981) / Japan

f0001174_34953.jpg邦題:錻力の太鼓
デヴィット・シルビアン率いるJapanのラストアルバムにして最高傑作。
YMOと交流があるだけあってデジタルビートに乗せたファンキーな感じが良いです。でもそんな曲の他にも4曲目のインスト曲「Cantion」はバンド名の通り日本を彷彿とさせる曲で坂本龍一が何かの映画のサントラで作りそうな感じ。
ちなみにこのアルバムのジャケに毛沢東の写真が写ってるけど、当時、彼らはちゃんと日本と中国の違いをわかっていたのか!?それともわざとなのかな。
[PR]
# by axl-onman | 2005-12-03 03:49 | 音楽

Blind Faith (1969) / Blind Faith

f0001174_3235141.jpg邦題:スーパー・ジャイアンツ
クリームのエリック・クラプトン、ジンジャー・ベイカー、トラフィックのスティーヴ・ウィンウッドらで結成されたスーパーグループの最初で最後のアルバム。全米、全英1位の大ヒットアルバムです。
クリームの3人のうち2人が在籍しているけど、あまりブルースっぽくなく、なかなか心地の良いアメリカンロック色の強いアルバム。クラプトンのギターソロや6曲目の「Do What You Like」でのジンジャー・ベイカーのドラムソロなどスパースターが集結しているだけあってそれぞれ前に出ることは忘れていませんな。クラプトンが泣きギターを含めて多彩なギターソロを聞かせてくれている「Presence Of The Lord」はマジ名曲。
[PR]
# by axl-onman | 2005-12-03 03:26 | 音楽

Psychocandy (1985) / Jesus & Mary Chain

f0001174_1335384.jpgなんかメタルばっか載せてるから、そればかり聴いているわけじゃないよってことで違うジャンルを。これからは色々なジャンルを散りばめていかないと…。
一昔前に80年代UKロックにちょいハマりな時期があって、中でも気に入って聞いていたアルバム。
フィードバックでノイジーなメロディを流しっぱなしですが、表側のメロディは心地よい!でも実験的なアルバムなので好き嫌いは別れそうだなぁ。ノイズが無ければ万人受けするものになりそうだけど、そうはいかんと言わんばかりに捻くれた音を奏で続けてるアルバムです。でも結局は名盤として謳われてしまっていますけどね。こういうのがダメな人はスミスとかを聴いているのがいいでしょう。まぁ私はどちらも聴きますけどね。
このファーストアルバムのみプライマル・スクリーム結成前のボビーがドラマーしてます。
[PR]
# by axl-onman | 2005-12-02 18:16 | 音楽

Kick Out The Jams (1969) / MC5

f0001174_2331562.jpgイギー・ポップと並んでパンクの元祖と評されるMC5のデビュー盤。デビュー盤にしてライブアルバムってのが、いかにも彼ららしい。
もう音源を聞くだけで熱気ムンムンなのが伝わってくるし、もう破壊力抜群で素直にカッコよい!
イギーの方が音楽性は多彩だけど、パワーではこちらの方が勝るかも。
[PR]
# by axl-onman | 2005-12-01 02:34 | 音楽

Peace Sells...But Who's Buying (1986) / Megadeth

f0001174_015369.jpgこれぞまさしく最強!個人的にメガデスの最高傑作でありながら、HR/HMアルバムの中でもベスト5に入る個人的名盤。今でも3日に1回は聞いているし、爺さんになっても聞いていたいアルバム。デイブ・ムスティンの粘っこい声、スラッシュメタルでありながら口ずさめそうなキャッチーさ、レベルの高いテクニック、次から次へと押し寄せてくるリフ、もう文句無し!文句のある奴はかかって来い!(嘘)
[PR]
# by axl-onman | 2005-11-30 00:02 | 音楽

Whitesnake (1987) / Whitesnake

f0001174_1634335.jpg邦題:サーペンス・アルバス。
ギタリストにジョン・サイクスを迎えての、捨て曲無しのホワスネの最高傑作。もう死ぬほど聞いたし、D・ヴァーデイルの渋さ、シャウト、飽きさせない多彩な楽曲、うーむ最高…。
1曲目のラストの「クライン・イン・ザ・……・レ~~~~~~~~イン」なんてD・カヴァーデイルしか似合わん芸当だね。
[PR]
# by axl-onman | 2005-11-28 22:33 | 音楽

Killing Is My Business & Business Is Good (1985) / Megadeth

f0001174_23175930.jpgメジャーデビュー前にリリースされたファーストアルバム。モロに暴れている感じがあって本当のスラッシュメタル好きの方には良いかもしれないけど、個人的にはメガデスの良い意味でのキャッチーさが好きな私はあまり好きな作品じゃないです。まぁスラッシュメタルのファーストなんてみんなパワーを全面に押し出しているもんだよね。やっぱメガデスは次の「Peace Sells But Who's Buying」からだなぁ。
[PR]
# by axl-onman | 2005-11-27 23:20 | 音楽

Too Rye Ay (1982) / Dexy's Midnight Runners

f0001174_16192899.jpg名曲「Come On Eileen」収録のセカンド。ファーストの8人のメンバーのうち6人が変わってしまったという「Come On Eileen」のPVを観ればわかるけど凄い風変わりな人たちが集まったという印象があります。個人的にはPVを見る限りヒッピーとチーマーを足して2で割った感じに見えるんだよなぁ。「Come On Eileen」ばかりフューチャーされていますが、私もそのとおりDexy's Midnight Runners=Come On Eileenという見かたですな。まぁ他の曲もハッピーにさせてくれるには違いないけどね。
[PR]
# by axl-onman | 2005-11-25 18:47 | 音楽

Spreading The Disease (1985) / Anthrax

f0001174_2359277.jpg邦題:狂気のスラッシュ感染、う~む微妙なかっこ悪さが逆に良い…。
彼らのセカンドで、最高傑作と評されています。私もそれに意義無し。でもファーストも同じくらい好きだけど。
ハードコア要素も含めたHMだけど、当時、新Voのジョーイの声が聴きやすくて良い。後々のラップとかの要素を取り入れてしまうAnthraxには否定的な私にとってはこの頃のが一番好きっすなぁ。
[PR]
# by axl-onman | 2005-11-23 23:59 | 音楽

In The City(1977) / The Jam

f0001174_2219418.jpg私が本格的に洋楽に足を踏み入れたきっかけとなったアルバムです。1曲目の「ART SCHOOL」の初っ端の“ワン!トゥー!スリー!フォー!”の掛け声から当時若干19歳のポール・ウェラーの若き叫びが心に伝わってきます。1977年、つまりパンクムーヴメントのど真ん中でリリースされたデビューアルバムで、当然パンクとして扱われましたがモッズスーツに身を包んだ風貌や音楽性は確実に他のパンクバンドとは一線を画しています。まぁ現にパンク扱いされてるのはこのデビューアルバムくらいだしね。現在の渋いポール・ウェラーもUKバンドの兄貴的存在として絶大に支持されていますが、ジャムやスタカンの方が好きだなぁ。
[PR]
# by axl-onman | 2005-11-22 22:19 | 音楽

Fistful Of Metal (1984) / Anthrax

f0001174_1573310.jpgメタリカ、メガデス、スレイヤーと並ぶ4大スラッシュメタルバンドのファースト。
セカンドやサードが傑作とされてるけど、このファーストも好きなんだよなぁ。アリス・クーパーのエイティーンをカバーしているけど、見事に溶け合っているし、痛々しいジャケットも古臭さがあって良い。
[PR]
# by axl-onman | 2005-11-20 01:58 | 音楽

Stop Jap (1982) / ザ・スターリン

f0001174_19243648.jpg初期のジャパニーズ・パンクの主役と言えるスターリンのメジャー・ファースト。
捨て曲は一切皆無!町田町蔵率いるINUの「メシ喰うな」に対抗して「ワルシャワの幻想」での歌詞に“メシ喰わせろ!”と入れるなど歌詞も、さらにミチロウの挑発しているかのような声も、全てにおいて最高。まさに吐き気がするほど、ロマンチックなアルバム。ミチロウかっこ良過ぎ…。
[PR]
# by axl-onman | 2005-11-18 19:25 | 音楽

Fresh Fruit For Rotting Vegetables (1980) / Dead Kennedys

f0001174_2151150.jpg
もう何回聴いたかわからんくらい聴きまくったアルバムです。ハードコアの中でもすんごく聴き易いのがGOOD。ボーカルのジェロ・ビアフラの特徴ある声が大好き。このアルバムで「Kill×4 Kill The Poor !」と叫んでいる彼ですが、サンフランシスコ市長選に立候補したという男であります。しかも惜しいとこまでいったらしいし、アメリカは凄いな。ちなみに邦題はどこから取ったか知らんが「暗殺」。
[PR]
# by axl-onman | 2005-11-17 21:05 | 音楽

Legendary Tales (1997) / Rhapsody

f0001174_20323791.jpg
初めて聴いた時はマジビビりました。シンフォニック・ヘビー・メタルだけじゃなく、間違いなく今後のヘビメタ界を背負っていく(既に背負っている)彼らのファースト。まったく妥協を許していないし、ファーストとは思えない完成度の高さ、究極のヘビーメタルここにありけり。
彼らには是非ロード・オブ・ザ・リングの音楽を手掛けて欲しかった…。
[PR]
# by axl-onman | 2005-11-17 20:33 | 音楽