<   2006年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

Real Life(1978) / Magazine

f0001174_4344095.jpg元Buzzcocksのハワード・デヴォートが脱退直後に結成してデビューした隠れ名盤。78年の作品ですが、ニューウェーブの匂いを感じさせます。
全体的にキーボードをフューチャーしていて、Shot By Both Sidesはパンク~ニューウェーブ好きなら必聴的名曲です。
[PR]
by axl-onman | 2006-03-17 01:14 | 音楽

Alone Again Gilbert O'Sullivan Super Best / Gilbert O'Sullivan

f0001174_6364186.jpgうちの母親が小学生から結婚するまでアメリカに住んでいたことから、ほとんど洋楽ばっか聴いていて、そのせいで自分も小学生の時からギルオサ(個人的にこう読んでます)を知ってました。やっぱり超ド名曲Alone Againは当時から良い曲だなと感じてたし、今でもついつい聴きたくなってしまう。洋楽ポップスで好きな曲を5曲挙げろと言われたら、間違いなく挙がる作品です。
このベストは現在、廃盤だけど彼のベストはたくさん出ているので、是非たくさんの人に聴いてほしいなぁ。
[PR]
by axl-onman | 2006-03-14 03:23 | 音楽

Van HalenⅢ(1998) / VAN HALEN

f0001174_5574381.jpg前作でボーカルのサミー・ヘイガーが脱退し、3代目ボーカリストとして同じ事務所に所属していた元エクストリームのゲイリー・シェローンが加入しての唯一のアルバム。
この作品は全米4位に終わって、4作続いてきた1位記録が途切れてしまうけど、これはボーカルがゲイリー・シェローンになってしまったせい!?結構サミー・ヘイガーに引きを取らないくらいの声量があるし(ってかサミー・ヘイガーに声似てるし)楽曲も悪くないんだけどなぁ。やっぱ黄金期を支えてきたサミーから、エクストリームとして成功を収めていながらも、ゲイリー・シェローンじゃ世間は物足りなかったのかな。
これっきりでゲイリーが脱退して、ボーカル不在のまま今日に至るけど、VAN HALENの復活を切に願いたいです…。
[PR]
by axl-onman | 2006-03-14 03:08 | 音楽

Balance(1995) / VAN HALEN

f0001174_305356.jpgこれも1位を獲得したけど2006年現在、これが最後の1位獲得作品となってます。ってか今月のBURRNでマイケルがバンドは事実上解散状態って言ってたから、もうアルバムは出ないのか!?
内容的にはエディが突然、短髪にするなど変化が見られるかと思ったけど、そんな心配は無用で特に前半部分のパワーは聞き応えが充分。それにCan't Stop Lovin' Youもサミーのラスト作品を飾るに相応しい名曲だと思います。
ちなみに輸入版のアルバムジャケはシャム双生児の子供の写真が使われていて、日本ではそれに物言いがついて普通の子供に差し替えられてます。別にいいじゃん…、CGなんだし。
これでサミー・ヘイガーは脱退。
[PR]
by axl-onman | 2006-03-14 03:01 | 音楽

For Unlawful Carnal Knwowledge(1991) / VAN HALEN

f0001174_247629.jpg「For Unlawful Carnal Knwowledge」とやたら長いタイトルなので略して「FUCK」です。
当然の1位獲得。もはやこの頃のVANは1位が指定席のようなものですな。
内容は結構パワフルな感じに仕上がっていて、1曲目のPound Cakeのイントロがドリルの音から始まるんだけど、当時Mr.BIGがDaddy, Brother, Lover, Little Boyって曲でもドリルイントロを使用して、どっちかがパクったのかなんて話題になりやした。まぁ個人的にはどっちでもいいけど、VANの方がバンドとしては断然に好きだけど、曲ではDaddy, Brother, Lover, Little Boyの方が好き…。Mr.BIGで好きな曲はそれだけなんだけどね。
[PR]
by axl-onman | 2006-03-14 02:47 | 音楽

Ou812(1988) / VAN HALEN

f0001174_2353015.jpg前作に続いての1位獲得アルバム。サミー在籍時で一番好きな曲「When It's Love」が収録されていることから結構好きなアルバムです。でも他の曲は個人的にはインパクトに欠ける…。
[PR]
by axl-onman | 2006-03-14 02:35 | 音楽

5150(1986) / VAN HALEN

f0001174_2243996.jpg彼らにとって初めて1位を獲得した作品。このアルバムからボーカルがサミー・ヘイガーにチェンジ。Dreamsといった名曲が収録されているけど、デイブ特有のパーティーっぽい(バカっぽい)雰囲気が軽減してしまったのが残念。もうデビュー時のVANとは変わってきてしまったけど、これもこれも良いかな…。
この頃の彼らは世界でもっとも稼いでいる(売れているだったけな)バンドって言われたりしてました。
[PR]
by axl-onman | 2006-03-14 02:24 | 音楽

1984(1984) / VAN HALEN

f0001174_2924100.jpg大ヒット曲満載の彼らの代表作にして大ヒットアルバム。JUMPは洋楽通じゃなくとも耳にしたことがあると思います。
このアルバムは2位止まりだったけど、1位に君臨していたのがギネス的にバカ売れしていたマイコーの「スリラー」で、そのアルバムにエディがギタリストとして参加しているんだよね。
このアルバムでボーカルのデイブはソロになることから脱退。
[PR]
by axl-onman | 2006-03-14 02:09 | 音楽

Diver Down(1982) / VAN HALEN

f0001174_3534937.jpgロイ・オービソンの名曲「(Oh) Pretty Woman」はあまりに有名で確かに良いけど、他の楽曲でもカバー曲が多く、あまりギターの聴き応えの無いインストの曲も多く、収録時間30分ちょいと手抜き!?とちょっと思ってしまう作品です。まぁデビュー以来、毎年リリースし続けているからこんなのもありかな。
[PR]
by axl-onman | 2006-03-07 03:55 | 音楽

Fair Warning(1981) / VAN HALEN

f0001174_3422059.jpg邦題:戒厳令
初期のVANの中では影に隠れた作品だけど、楽曲が多彩で演奏を楽しんでいるのがめちゃくちゃ伝わってくる作品。デビュー作から出すアルバム全てTOP10入り、全てプラチナディスク、余裕が見えてきたのかな。
[PR]
by axl-onman | 2006-03-07 03:42 | 音楽