<   2005年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

Permission To Land (2003) / Darkness

f0001174_4483514.jpgわりと最近のバンドの中では好きな方なDarknessのデビュー盤。QUEENを敬愛しているだけあって全身タイツに身を包んで、フレディを結構意識しているご様子。ボーカルのシャウトっぷりがいいね。
でも先日リリースされたセカンドアルバムをCD屋で視聴したけど、なんかパッとしない感じで買う気が失せちゃった。ちょっと残念。
[PR]
by axl-onman | 2005-12-10 04:48 | 音楽

Stars (1986) / Hear 'n Aid

f0001174_3213212.jpg1980年代はアメリカの「USA for Africa 」、イギリスの「Band Aid」等、チャリティーの為に大物アーティストが勢ぞろいしたのは、洋楽通じゃなくても有名だけど、もう一つ隠されたAidがありました。ずばりヘビメタ版Aidの「Hear 'n Aid」。これは他の2つに比べ支援金はあまり徴収できなかったし、知名度はあまり高くないですけど、当時のメタルファンには大事件だったんじゃないでしょうか。
ディオ、ジューダス、インギー、メイデン、モトリー、ドッケン、クイーンズライチ、ワスプ、ブルー・オイスター・カルト、そしてちょっと畑は違うけどジャーニーやバニラ・ファッジ等々と凄過ぎる面子、よくまぁ集まったもんだ。あっ、あとクワイエット・ライオット(笑)。こんだけ集めたディオは凄いよ、さすが校長。
当時のプロモを一応持っているけど、画質が悪いので、高画質なDVD化されることを切に願いたい…。ライナー見ながらじゃないとギターソロを誰が弾いているのかわからないしね(インギーはわかるけど)。
[PR]
by axl-onman | 2005-12-09 02:40 | 音楽

メシ喰うな! (1981) / INU

f0001174_23574590.jpg当時若干19歳の町田町蔵(現・町田康)率いるINUのデビュー盤にしてラストアルバム。Jパンクの名盤中の名盤です。
もうジャケからしてヤバイし、なんとも形容しがたい声も印象的。例えるなら元ブランキーのベンジーっぽさがあるね。
あと歌詞カードを改めて見たけど、やっぱり歌詞がヤバイ。もう完全に町蔵ワールドが形成されているし、小説家への転身はなるべきしてなったんだろうな。
[PR]
by axl-onman | 2005-12-07 23:57 | 音楽

Raw Power (1973) / Iggy & The Stooges

f0001174_2326348.jpgきた!これぞ最強(最狂)!もう何回聴いたことやらなIGGYのマイベストアルバム!DEAD BOYSやレッチリがカバーしている超名曲「Search And Destroy」をいきなり聴かされりゃ、他のパンクバンドはもう道開けざるをえない。
昨今のパンクしか知らない人は是非これにも手を出すべき!いや出さないと駄目!
[PR]
by axl-onman | 2005-12-07 23:26 | 音楽

Fun House (1970) / The Stooges

f0001174_2313148.jpgイギーの2作目。明らかに前作よりも音的にも、ジャケットも暴力的、過激的になっています。まさにゴッドファーザー・オブ・パンク。しかしこれより凄いのが次作…。
[PR]
by axl-onman | 2005-12-07 23:13 | 音楽

Rising Force (1984) / Yngwie Malmsteen'S Rising Force

f0001174_4252395.jpgきたっ!インギーのソロデビュー盤。全編に渡るネオ・クラシカルな超絶早引きギター炸裂。リアルタイムである1984年にこんなのを聞かされりゃ、どんな衝撃を受けたことやら…。たまに10年くらい早く生まれたかったと思ってしまいます。
[PR]
by axl-onman | 2005-12-06 02:25 | 音楽

Stooges (1969) / The Stooges

f0001174_22244181.jpg記念すべきイギー・ポップのデビュー盤。まだゴッドファーザー・オブ・パンクと評されるような暴れっぷりは見せていないものの名曲「I Wanna Be Your Dog」やピストルズらがカバーしている「No Fun」などが収録されている為、名盤には違いありません。でもやっぱ個人的にはStoogesとしてはラストアルバムの「Raw Power」の方が圧倒的に好きだなぁ。
[PR]
by axl-onman | 2005-12-03 22:25 | 音楽

Tin Drum (1981) / Japan

f0001174_34953.jpg邦題:錻力の太鼓
デヴィット・シルビアン率いるJapanのラストアルバムにして最高傑作。
YMOと交流があるだけあってデジタルビートに乗せたファンキーな感じが良いです。でもそんな曲の他にも4曲目のインスト曲「Cantion」はバンド名の通り日本を彷彿とさせる曲で坂本龍一が何かの映画のサントラで作りそうな感じ。
ちなみにこのアルバムのジャケに毛沢東の写真が写ってるけど、当時、彼らはちゃんと日本と中国の違いをわかっていたのか!?それともわざとなのかな。
[PR]
by axl-onman | 2005-12-03 03:49 | 音楽

Blind Faith (1969) / Blind Faith

f0001174_3235141.jpg邦題:スーパー・ジャイアンツ
クリームのエリック・クラプトン、ジンジャー・ベイカー、トラフィックのスティーヴ・ウィンウッドらで結成されたスーパーグループの最初で最後のアルバム。全米、全英1位の大ヒットアルバムです。
クリームの3人のうち2人が在籍しているけど、あまりブルースっぽくなく、なかなか心地の良いアメリカンロック色の強いアルバム。クラプトンのギターソロや6曲目の「Do What You Like」でのジンジャー・ベイカーのドラムソロなどスパースターが集結しているだけあってそれぞれ前に出ることは忘れていませんな。クラプトンが泣きギターを含めて多彩なギターソロを聞かせてくれている「Presence Of The Lord」はマジ名曲。
[PR]
by axl-onman | 2005-12-03 03:26 | 音楽

Psychocandy (1985) / Jesus & Mary Chain

f0001174_1335384.jpgなんかメタルばっか載せてるから、そればかり聴いているわけじゃないよってことで違うジャンルを。これからは色々なジャンルを散りばめていかないと…。
一昔前に80年代UKロックにちょいハマりな時期があって、中でも気に入って聞いていたアルバム。
フィードバックでノイジーなメロディを流しっぱなしですが、表側のメロディは心地よい!でも実験的なアルバムなので好き嫌いは別れそうだなぁ。ノイズが無ければ万人受けするものになりそうだけど、そうはいかんと言わんばかりに捻くれた音を奏で続けてるアルバムです。でも結局は名盤として謳われてしまっていますけどね。こういうのがダメな人はスミスとかを聴いているのがいいでしょう。まぁ私はどちらも聴きますけどね。
このファーストアルバムのみプライマル・スクリーム結成前のボビーがドラマーしてます。
[PR]
by axl-onman | 2005-12-02 18:16 | 音楽