12 X 5(1964) / Rolling Stones

f0001174_20351814.jpgストーンズのセカンド。初期の名曲Time Is on My Sideはいいですな。そういえば10年くらい前に玉置浩二、高橋幸宏、沢田研二らオッサンアーティストが車か何かのCMでこれ歌ってたなぁ。
[PR]
# by axl-onman | 2006-04-20 20:35 | 音楽

England's Newest Hit Makers(1964) / Rolling Stones

f0001174_783176.jpg記念すべきストーンズのデビュー盤。
ブルース色のかな~~り濃いR&Rです。往年のファンとかはこういうのが好きなのかもしれないけど、個人的には好きな曲が数曲ある程度。チャック・ベリーの曲をカバーしたCarolの疾走するかのようなR&Rは良いね。
[PR]
# by axl-onman | 2006-04-09 01:55 | 音楽

In The Court Of The Crimson King(1969) / King Crimson

f0001174_6191117.jpg邦題:クリムゾン キングの宮殿
1位を独走し続けていたビートルズの「アビー・ロード」を抜いて1位になったプログレ史、否、ロック史に残る奇跡的超大名盤。デビュー作でこんなバケモノ作ってしまうなんてスゴイね。ひょっとして彼等が異常者なんじゃないんか。
1曲目の名曲「21世紀の精神異常者」は一度聴いたら忘れない、それにアルバムジャケットも一度見たら忘れられない、とにかくインパクト大なアルバムです。よくもまぁ37年も前にこんなもの作れたもんだ…。
[PR]
# by axl-onman | 2006-03-29 06:19 | 音楽

Kill 'Em All(1983) / Metallica

f0001174_2511615.jpgメタリカの衝撃のデビュー作。若干20歳の若者等が放っているとは思えないほどのゴリゴリのシュラッシュメタルサウンドになっています。1曲目から10曲目まで突っ走ってます。でも人によってはこの頃のメタリカはただうるさいだけって思う人もいるかもね。
[PR]
# by axl-onman | 2006-03-22 02:51 | 音楽

Machine Gun Etiquette(1979) / Damned

f0001174_1143112.jpgダムドのサードアルバム。
ファーストに次いで好きな作品で、今までベースを担当していたキャプテン・センシブルがギターに変更したことで、音がよりハードに。結構彼等は実験的なことをやるのでアルバムによって当たり外れがありますが、これはその中でも聴きやすくてGOOD!彼等にとって最大のヒット曲「Love Song」収録。
[PR]
# by axl-onman | 2006-03-21 11:04 | 音楽

Damned Damned Damned(1977) / Damned

f0001174_10452668.jpg邦題:地獄に墜ちた野郎ども
ピストルズ、クラッシュと並んで3大パンクバンドと称されるダムドのデビュー盤(ロンドンパンクの1号のアルバム)。パンク界のTOP5に入るくらいの名盤中の名盤です。それにジャケットセンスもサイコー。
ガンズ等、多数のバンドがカバーする名曲「NEW ROSE」をはじめとし捨て曲は一切無し。取り合えず、DAMNED入門するならこれ!
[PR]
# by axl-onman | 2006-03-21 10:45 | 音楽

Randy Rhoads Years(1993) / Quiet Riot

f0001174_422231.jpgまたタイトルにランディ・ローズの名前を使って売名行為を…、と思わせるアルバム。ランディ・ローズが在籍していた70年代の楽曲を集めた編集盤です。
やっぱりギターキッズが憧れるだけあってランディ・ローズのギターは素晴らし過ぎる…。同時期のギタリストのエディ・ヴァン・ヘイレンと比べるとちょっと雑っぽさがあるかもしれないけど、それがまた良い!ケヴィン・ダブロウ(笑)のボーカル無しでもギターアルバムとしても充分に聴けそう(笑)
[PR]
# by axl-onman | 2006-03-19 02:12 | 音楽

Metal Health(1983) / Quiet Riot

f0001174_411567.jpg邦題:Metal Health ~ランディ・ローズに捧ぐ~
過去にデビューしながらまったく鳴かず飛ばずで解散したものの、その後ギタリストのランディ・ローズがオジー・オズボーンに発掘され脚光を浴びるが、飛行機事故にて他界。それによりランディ・ローズが在籍していたバンドとして名が知られるようになったQuiet Riotがここぞとばかりに再結成し、再デビューして見事に大ヒットさせたアルバムです。ヘビメタ系で初の全米1位となったアルバムです。
でも1曲目のMetal Health、2曲目のCum On Feel The Noize以外は印象薄い…。
[PR]
# by axl-onman | 2006-03-19 01:56 | 音楽

Dig That Groove Baby(1983) / Toy Dolls

f0001174_3515057.jpg超が100個付いても物足りないくらいPOPなパンクバンドToy Dollsのデビュー盤。もう完全にToy Dollsサウンドが形成されていて、今でも結成して25年以上経つけど、この不変具合は凄すぎる。まさにボーカルのオルガの声とメロディアスでありながらソリッドなギターテクあってのことですな。パンク好きならオリジナルアルバムとは言わないけど、2枚組ベストが割と安価で売っているので聴いて欲しいっす。暗い気分の時は気持ちがHAPPYになります。
もう解散しちゃったけどロリータ18号は彼らを師と仰いでました。う~ん納得。
[PR]
# by axl-onman | 2006-03-18 02:40 | 音楽

宇宙船地球号(1980) / レイジー

f0001174_3311599.jpg後にラウドネスを結成する高崎晃、樋口宗孝、そしてドラゴンボールZのOPテーマ(チャーラー、ヘッチャラー)の歌で御馴染みの景山浩宣(現ヒロノブ)が在籍したバンドのラストアルバム(後に再結成したけど)。
デビュー時は事務所が和製ベイ・シティ・ローラーズを目指し、本来やりたかったハードロックをやらせてもらえなかったが、それをラストアルバムにして推しきって見事にハードロックにシフトチェンジしています。高崎のギターテクはもうラウドネスに遜色ありません。
高崎のような男にアイドルをやらせていたなんて、なんて勿体無いことをしていたんだ…。
[PR]
# by axl-onman | 2006-03-18 02:18 | 音楽

Surfing With The Alien(1987) / Joe Satriani

f0001174_3165724.jpgジョーサトのセカンドアルバムにして大出世作。プロになる前はギター講師をしていてスティーブ・ヴァイやメタリカのカーク・ハメットを育て上げただけあってギターテクは凄すぎます。ボーカル無しのギターインストアルバムの最高峰に位置するアルバムでしょう。
1曲目でアルバムタイトルにもなっている「Surfing With The Alien」は時々テレビで使われたりしています。疾走感とギターテクが見事に融合されていて、インギーのTrilogy Suite Op 5、Van HalenのEruptionと並ぶ好きなギター・インスト曲です。
[PR]
# by axl-onman | 2006-03-18 02:02 | 音楽

Best Of / Loverboy

f0001174_5482986.jpg「それ行け!ウィークエンド」 に尽きますな。でもこんなカッコ悪い邦題を付けちゃうのも80’sの魅力かも。
あとこのベストにはフットルースのテーマソング「パラダイス 愛のテーマ」が入っていて、曲解説に、この曲はLoverboyの曲じゃなく、ボーカルのレノのソロプロジェクトの曲だけど、このアルバムのセールスを伸ばす為にこの曲を入れなくてはならなかったって書いてあったのはちょっと笑っちゃいました。自分はフットルースのサントラ持ってるし、この曲が入って無くても良かったから、セールスがどうなるのか見てみたかった。まぁ大して変わらんと思うけど(笑)
[PR]
# by axl-onman | 2006-03-17 02:37 | 音楽

Real Life(1978) / Magazine

f0001174_4344095.jpg元Buzzcocksのハワード・デヴォートが脱退直後に結成してデビューした隠れ名盤。78年の作品ですが、ニューウェーブの匂いを感じさせます。
全体的にキーボードをフューチャーしていて、Shot By Both Sidesはパンク~ニューウェーブ好きなら必聴的名曲です。
[PR]
# by axl-onman | 2006-03-17 01:14 | 音楽

Alone Again Gilbert O'Sullivan Super Best / Gilbert O'Sullivan

f0001174_6364186.jpgうちの母親が小学生から結婚するまでアメリカに住んでいたことから、ほとんど洋楽ばっか聴いていて、そのせいで自分も小学生の時からギルオサ(個人的にこう読んでます)を知ってました。やっぱり超ド名曲Alone Againは当時から良い曲だなと感じてたし、今でもついつい聴きたくなってしまう。洋楽ポップスで好きな曲を5曲挙げろと言われたら、間違いなく挙がる作品です。
このベストは現在、廃盤だけど彼のベストはたくさん出ているので、是非たくさんの人に聴いてほしいなぁ。
[PR]
# by axl-onman | 2006-03-14 03:23 | 音楽

Van HalenⅢ(1998) / VAN HALEN

f0001174_5574381.jpg前作でボーカルのサミー・ヘイガーが脱退し、3代目ボーカリストとして同じ事務所に所属していた元エクストリームのゲイリー・シェローンが加入しての唯一のアルバム。
この作品は全米4位に終わって、4作続いてきた1位記録が途切れてしまうけど、これはボーカルがゲイリー・シェローンになってしまったせい!?結構サミー・ヘイガーに引きを取らないくらいの声量があるし(ってかサミー・ヘイガーに声似てるし)楽曲も悪くないんだけどなぁ。やっぱ黄金期を支えてきたサミーから、エクストリームとして成功を収めていながらも、ゲイリー・シェローンじゃ世間は物足りなかったのかな。
これっきりでゲイリーが脱退して、ボーカル不在のまま今日に至るけど、VAN HALENの復活を切に願いたいです…。
[PR]
# by axl-onman | 2006-03-14 03:08 | 音楽

Balance(1995) / VAN HALEN

f0001174_305356.jpgこれも1位を獲得したけど2006年現在、これが最後の1位獲得作品となってます。ってか今月のBURRNでマイケルがバンドは事実上解散状態って言ってたから、もうアルバムは出ないのか!?
内容的にはエディが突然、短髪にするなど変化が見られるかと思ったけど、そんな心配は無用で特に前半部分のパワーは聞き応えが充分。それにCan't Stop Lovin' Youもサミーのラスト作品を飾るに相応しい名曲だと思います。
ちなみに輸入版のアルバムジャケはシャム双生児の子供の写真が使われていて、日本ではそれに物言いがついて普通の子供に差し替えられてます。別にいいじゃん…、CGなんだし。
これでサミー・ヘイガーは脱退。
[PR]
# by axl-onman | 2006-03-14 03:01 | 音楽

For Unlawful Carnal Knwowledge(1991) / VAN HALEN

f0001174_247629.jpg「For Unlawful Carnal Knwowledge」とやたら長いタイトルなので略して「FUCK」です。
当然の1位獲得。もはやこの頃のVANは1位が指定席のようなものですな。
内容は結構パワフルな感じに仕上がっていて、1曲目のPound Cakeのイントロがドリルの音から始まるんだけど、当時Mr.BIGがDaddy, Brother, Lover, Little Boyって曲でもドリルイントロを使用して、どっちかがパクったのかなんて話題になりやした。まぁ個人的にはどっちでもいいけど、VANの方がバンドとしては断然に好きだけど、曲ではDaddy, Brother, Lover, Little Boyの方が好き…。Mr.BIGで好きな曲はそれだけなんだけどね。
[PR]
# by axl-onman | 2006-03-14 02:47 | 音楽

Ou812(1988) / VAN HALEN

f0001174_2353015.jpg前作に続いての1位獲得アルバム。サミー在籍時で一番好きな曲「When It's Love」が収録されていることから結構好きなアルバムです。でも他の曲は個人的にはインパクトに欠ける…。
[PR]
# by axl-onman | 2006-03-14 02:35 | 音楽

5150(1986) / VAN HALEN

f0001174_2243996.jpg彼らにとって初めて1位を獲得した作品。このアルバムからボーカルがサミー・ヘイガーにチェンジ。Dreamsといった名曲が収録されているけど、デイブ特有のパーティーっぽい(バカっぽい)雰囲気が軽減してしまったのが残念。もうデビュー時のVANとは変わってきてしまったけど、これもこれも良いかな…。
この頃の彼らは世界でもっとも稼いでいる(売れているだったけな)バンドって言われたりしてました。
[PR]
# by axl-onman | 2006-03-14 02:24 | 音楽

1984(1984) / VAN HALEN

f0001174_2924100.jpg大ヒット曲満載の彼らの代表作にして大ヒットアルバム。JUMPは洋楽通じゃなくとも耳にしたことがあると思います。
このアルバムは2位止まりだったけど、1位に君臨していたのがギネス的にバカ売れしていたマイコーの「スリラー」で、そのアルバムにエディがギタリストとして参加しているんだよね。
このアルバムでボーカルのデイブはソロになることから脱退。
[PR]
# by axl-onman | 2006-03-14 02:09 | 音楽

Diver Down(1982) / VAN HALEN

f0001174_3534937.jpgロイ・オービソンの名曲「(Oh) Pretty Woman」はあまりに有名で確かに良いけど、他の楽曲でもカバー曲が多く、あまりギターの聴き応えの無いインストの曲も多く、収録時間30分ちょいと手抜き!?とちょっと思ってしまう作品です。まぁデビュー以来、毎年リリースし続けているからこんなのもありかな。
[PR]
# by axl-onman | 2006-03-07 03:55 | 音楽

Fair Warning(1981) / VAN HALEN

f0001174_3422059.jpg邦題:戒厳令
初期のVANの中では影に隠れた作品だけど、楽曲が多彩で演奏を楽しんでいるのがめちゃくちゃ伝わってくる作品。デビュー作から出すアルバム全てTOP10入り、全てプラチナディスク、余裕が見えてきたのかな。
[PR]
# by axl-onman | 2006-03-07 03:42 | 音楽

Women & Children First(1980) / VAN HALEN

f0001174_3345512.jpg邦題:暗黒の掟
当時のNWOBHMに影響されたかしらないけど、メタルっぽさのある「Loss Of Control」等、割とスピード感がアップしたアルバムです。この頃のVANは全て良い。
[PR]
# by axl-onman | 2006-03-07 03:34 | 音楽

Van Halen 2(1979) / VAN HALEN

f0001174_3253527.jpg邦題:伝説の爆撃機
前作に比べ、パワーは見劣りないが、楽曲はやっぱファーストの方が好きだなぁ。でもアコギでのライトハンド奏法「Spanish Fly」は素晴らしい。
[PR]
# by axl-onman | 2006-03-07 03:25 | 音楽

Van Halen(1978) / Van Halen

f0001174_3151656.jpg邦題:炎の導火線
VAN HALENの衝撃のデビュー作。サミー・ヘイガーよりもデイブ派な私にはVANの中ではこれが断トツでTOPに君臨する一枚です。
世界中のギタリストに影響を与えた「ERUPTION」を初めて聴いた時の衝撃は今も忘れられんです。着メロに入れちゃってます(^^♪
[PR]
# by axl-onman | 2006-03-07 03:15 | 音楽

Bang!(1974) / 三上寛

f0001174_2481051.jpg三上寛の最高傑作と謳われている作品です。日本で初めてサンプリングの手法を用いられた作品だそうな。
サンプリング手法を見事に使われている表題曲の「Bang!」もいいけど、1曲目の「このレコードを私に下さい」の詩は凄まじすぎる。思わず聞き入ってしまう怪作。三上寛…、こいつは怪物だ…。
[PR]
# by axl-onman | 2006-03-01 02:48 | 音楽

ひらく夢などあるじゃなし(1972) / 三上寛

f0001174_2311315.jpg70年代には頭脳警察といった音はパンクじゃなくても精神がパンクなバンドがいましたけど、三上寛…、彼はそれの筆頭に位置する存在じゃないでしょうか。
一応フォークなんだけど、まさにネオフォークで当時の4畳半暮らしの若者が聞くようなかぐやひめフォークとはかけ離れ過ぎている。
もう放送禁止用語をバリバリに使いまくってるし、音もどこかオルタナっぽくも感じる。詩の世界も常人どころかちょっとした変態でも理解に苦しむんじゃないでしょうか。
藤圭子の代表曲「圭子の夢は夜ひらく」を三上流(放送禁止流)にカバーした「夢は夜ひらく」の迫力は怨念が凄まじすぎる…。アルバムタイトルにもかけてるし、30年以上も前にこんな進んだ奴がいたとは、ちょっと嬉しい。
[PR]
# by axl-onman | 2006-03-01 02:31 | 音楽

So Far So Good So What (1988) / Megadeth

f0001174_3372784.jpg前作「Peace Sells But Who's Buying」が好き過ぎる為、それと比べてしまうと個人的には劣ってしまうんですが、それでもスラッシュメタル(!?)にしては聴きやすくて彼らのアルバムではかなり好きな作品です。ピストルズのカバー「アナーキー・イン・ザ・UK」といいキャッチーさを感じるアルバムです。
[PR]
# by axl-onman | 2006-02-18 02:27 | 音楽

ワースト(1995) / まりちゃんズ

f0001174_10402397.jpgまりちゃんズのもう一枚のベスト。「まりちゃんズの世界」に入りきれなかった曲に「尾崎家の祖母(おざきんちのばばあ)」を加えた作品です。「武道館でジョイントを(キャンディーズ VS まりちゃんズ)」はフォークルの加藤和彦が作りそうな曲で大好きです。
[PR]
# by axl-onman | 2006-02-07 01:35 | 音楽

まりちゃんズの世界(1994) / まりちゃんズ

f0001174_10313887.jpg70年代にわずか1年半だけ活動した知る人ぞ知るコミックバンド。名曲「尾崎家の祖母(おざきんちのばばあ)」の“尾崎んちのババアは72♪”ってフレーズは一度聴いたら耳から離れません。ちなみにこの曲のギターは無名時代のcharが弾いているそうな。
デビュー曲「ブスにもブスの生き方がある」が放送禁止になる等ある意味彼らはパンクです。彼らの登場は音楽界にはちょっと早過ぎたのかな。
[PR]
# by axl-onman | 2006-02-07 01:20 | 音楽